火災保険(住自在)のお見積りは株式会社飯塚ニッシン

火災保険(住自在)の無料お見積り

株式会社飯塚ニッシン

3月23日は 両親の金婚式でした。

金婚式って一体いつ頃から祝うようになったんだろう…
調べてみました。
—————–
結婚式を祝う風習は、ドイツで始まり、その後ヨーロッパ全域に広まった。
1624年に銀婚式、1860年に金婚式が行われたのが最初である。
招かれた人は、お祝いにこの会のシンボル(金)にちなんだ品、
また対(つい)になったものなどを選んで贈る。
たとえば、金の入った蒔絵(まきえ)の漆器、
金杯、金を絵柄に使った紅茶茶碗などが喜ばれる。
当事者は、引出物として、袱紗(ふくさ)、金のスプーン、
祝い菓子などを用意し、内祝ののし紙をかけて配ったりする。
最近は金の紙に包んだチョコレートなどもよく使われている。
日本では夫婦間で、あるいは夫から妻に、
子や孫から夫婦に祝いの品を贈るなどする。
また、食事(外食)に行ったり、ケーキを買ったり、
などといったように、夫婦によって形は様々である。
                                                ———————-
なるほど…ドイツ発祥だとは意外な感じです。
我が家では 両親と食事に行きました。
行きつけのお店で 予約をしていたのですが
創作料理の美味しさに 両親共々大感激!
特に 和牛を陶器のお皿で焼いて 季節の野菜を巻いて
和風出汁(赤ワイン入)に温泉卵を浮かせた
特製タレで食べる料理が 美味美味美味でした。
普段は飲まない母もビールで乾杯~梅酒ロック
父は 相変わらずビールオンリー(・・・と言うほど飲めませんが)
最近 めっきり弱くなった私も美味しくお酒をいただきました。
心ばかりのお祝いの品と 手紙を渡したところ
母が 大泣きして・・・・そこまで泣く?って言うくらい・・・・
お店のママさんが料理を持ってきてくれたとき
「あれ・・・・どうかした?何かあった?あれ・・・・」と
焦るくらい 泣いていました(笑)
手紙は ポストカードに 父と母の名前入りで詩を作って書きました。
その名前入りの詩に感動したとかで…照れくさかったです。
もう半世紀も一緒・・・
二人とも大病を患ったのに 元気すぎるくらい元気です。
55年目・・・エメラルド婚式
60年目・・・ダイヤモンド婚式
75年目・・・プラチナ婚式 
まだまだ先はあるからね~父さん 母さん。
         社員Cの少しだけ親孝行な日デシタ。

カテゴリー:日記 - 2013年03月25日