火災保険(住自在)のお見積りは株式会社飯塚ニッシン

火災保険(住自在)の無料お見積り

株式会社飯塚ニッシン

私の父の里は 福岡県朝倉市

今では 三連水車の里あさくら で有名になっています。
小さなころは 田舎に戻ると
同年代の親戚の子たちと 夏は筑後川で泳ぎ
冬は 三連水車が見える田んぼで 凧揚げ
そんな自然とのふれあい満載で過ごしました。
父の里では 目が点になる出来事も満載。
叔父に 「ザリガニ取り行くぞ~」と声をかけられ
大喜びで 歩いて1分の筑後川へ!大漁です(笑)
幼いころは このザリガニの行方など気にせず
川遊びが楽しいばかり。
その日の夕飯は 筑前煮やポテトサラダ
小エビ煮・・・・・・・・・・などなど・・・・・・
満腹の私は 台所で片付けをしている祖母の元へ。
当時の台所は 土間にありました。
一段下がって 靴を履いての作業です。
その祖母の足元に 大量の殻が・・・
アレ・・・・この殻って・・・・????
「ばあちゃん この殻 ザリガニ?」
「うん」 「ザリガニどうしたと?」
「どうしたもこうしたも あんた食べとろぉもん」
・・・・・小エビ煮 ザリガニ煮だったのか・・・・・
そしてショックを受けながら外へ出ると
親戚のおじさんが 何かの毛を洗っています。
じーーーーーーーーーーっと眺めて・・・ウサギだ!
「おいちゃん ウサギどうしたと?」
「お前 食うたろぉもん」
「食ってない!食ってない」との抵抗も空しく
筑前煮にインしておられました・・・・
今では食べることはありませんが
私が幼稚園~小学低学年の頃の記憶の中には
ザリガニとウサギが 胃袋に納まった…と記されています(泣)
一度親戚のS君に
「自転車貸して~」とお願いをしたら
「ヒゲン!ボクガッチャキ!」と返され目が点に。
「貸してね~」と乗ろうとすると
「ヒゲンジャン!ボクガッチャキ!!」と制止され
なんとなく ダメなんだ・・・と感じたことがあります。
「ひげん 僕がつちゃき」・・・
標準語に直したら・・・「ダメ!僕のものだから」・・・
目が点になるはずです。
そんな父の里で 懐かしいお菓子があります。
ハトマメ屋の 金トキ豆 。
堂々と「豆」と命名されていますが
豆なんぞ一切入っておりません!
しかも 硬い!硬くて歯ごたえありまくりです。
でも 美味しい♪ とにかく緑茶と合う!
素朴で懐かしくて これを食べると
幼いころの風景が 記憶がたちまち蘇ります。
近くを通られたとき 一度ご賞味ください。
ハトマメ屋 仲山製菓合資会社
〒838-1302 福岡県朝倉市宮野1910-3
TEL 0946-52-0036 FAX
0946-52-0136
http://www.hatomame.jp/
     社員Cの懐かしい話デシタ。

カテゴリー:日記 - 2013年04月01日